『私たちが通ったアメリカの学校ー小・中・高校フィールドワーク』(2011年自費出版,ISBN 978-4-901242-95-0)本書に描かれたのはアメリカの普通の公立学校の生活.あれから早10年・・・みんな元気にしているかな?学校はどうなっているだろう.2012年3月コロラドの春の日射しの中で『私たちの学校の今』を見つける旅が始まった.アメリカ庶民の素顔に迫る写真満載の続編スタート.Time goes by fast!

2012年5月31日木曜日

Ms.B.との再会

 「英語や学校生活は、私が責任を持って指導します・・(中略)・・子どもに日本語を忘れさせてはいけません日本語は親であるあなたたちが、しっかり指導してください」(p35)

Ms.B.は真ん中でWelcome!!
アメリカの学校に子どもを通わせる時、ほとんどの親は、わが子の英語が心配でしょうがない.日本語なんてこの際おいといて、まずは英語!英語!とわが子をプッシュする(私にその傾向が無かったとは言わない).それを見透かしたようなこの言葉.E小への登校初日、G4(4年生)のわが子の担任になったMs.B.の真剣なまなざしは今でも忘れられない.
ただし、こういう親心(?)に国境は無いようだ.あれから10年以上経ってから、日本の小学校に通うことになった子どもの親に出会った.
「当分日本語に集中します。中国語(母語)は日本語に慣れるまではちょっとお休みです」
なんの迷いもない顔だった.私は、何とも言えない違和感を覚えていた.

今回のアメリカの旅で、私たちが一番会いたいと願っていたのがMs.B.だ.あの言葉に彼女のどんな思いがひそんでいたか、ぜひ聞いてみたかったのだ.

彼女は現在、E小とは違う学校に勤めている。私たちはその学校を検索→HPによって探し当てた.Denverの市街地からすぐのところにある、だだっ広い敷地の新設校、大規模校である.校舎は2階建てで複雑に入り組み、プレイグランドには色とりどりの遊具、天井の高い体育館、パソコンの並ぶ図書館など、E小とは比べものにならない充実した設備の学校だ.「E小とずいぶん違うね」と言うと、ちょっと苦笑いを浮かべて
「本当はE小くらいの方がいい.学校全体が把握できて子どものこともみんなわかるから」
彼女らしい言葉だなあと思いながら
「でも辞めちゃったんだよね?」
これにはきっぱりと、
「自分のポリシーとは相容れない問題が起きたからね.あの時、E小を去る決意をした」
やっぱりなあ(何があったか見当はついていた).さすがMs.B.とは思ったが・・・今のE小の子どもたちにとって、彼女の不在はとてつもない損失だから残念でもあった.
Ms.B.の学校の前にも州旗と星条旗が翻る遙か彼方にはロッキー山脈
さて、Ms.B.といえば思い浮かぶのが、カラフルでにぎやかな教室である.これは相変わらずというか、より充実(?)してきた感じだ(下の写真).思わず、子どもの気が散らないかなあと余計な心配をしてしまう.でもそういえば、あの時のわが子は、ど派手な教室に度肝を抜かれながらもわくわくしてたっけね.子どもにとっては夢の教室なのかもしれない.
あいかわらずカラフルで賑やかなMs.B.の教室
本書をプレゼントすると手放しで大喜び.後から校舎内を案内してくれた時、出会う人、出会う人、そして子どもたちにまで本を見せながら、自分のことが書いているp34〜36(Ms.B.の文字あり)のところを指さし(日本語は読めないのに)
「ここにはMs.B.はすばらしい先生で優しくてかっこよくて・・・って書いてあるの!!」
茶目っ気たっぷりの彼女に、みんなも興味津々、ぐいぐい引きつけられていく.あ〜まさにこれよこれ!このノリの良さ!ユーモア、人を引きつける人間性.わが子が彼女のことが大好きで、アメリカ生活の心の支えだったというのがよくわかる。
本書を手に学校の廊下で子どもたちに囲まれるMs.B.

別れ際、私は彼女に聞いてみた.
「登校初日に日本語を大切にしてね!絶対に子どもに日本語を忘れさせちゃだめよと言ってくれたのはなぜ?普通の先生は英語がんばろうねって言うよね?」
Ms.B.は
「私たちは本当にたくさんの間違いを犯してきたの.アメリカに来てアメリカで生活するんだから、とにかく英語を覚えることが一番だと思って一生懸命やってきたの.でもね、そうすることでお母さんと話ができなくなっちゃう子がいるのよね.そういう子を見ていたら、私たちのやって来たことは、なんか違うんじゃないかと思ったの。子どもにとって本当の幸せって何だろうってね.でも私は日本語はできないでしょ.そうであれば親にやってもらうしかないじゃない・・・そういえばわたしも本を書いたのよ.私が英語で書いたのをスペイン語に訳してもらって、こっちからは英語、上下をひっくり返して反対側の表紙に行くと、同じ話をスペイン語でも読めるの」(この本の写真を撮ってこなかったのは私の痛恨の極みです)

We made a lot of mistakes.

強烈な言葉だった.Ms.B.に出会えたことを心から感謝したい.