『私たちが通ったアメリカの学校ー小・中・高校フィールドワーク』(2011年自費出版,ISBN 978-4-901242-95-0)本書に描かれたのはアメリカの普通の公立学校の生活.あれから早10年・・・みんな元気にしているかな?学校はどうなっているだろう.2012年3月コロラドの春の日射しの中で『私たちの学校の今』を見つける旅が始まった.アメリカ庶民の素顔に迫る写真満載の続編スタート.Time goes by fast!

2012年6月20日水曜日

スーパーW新店舗開店

ブログ第1話で我がW君がストアマネージャーとして「目下スーパーWの新店舗開店に向けて準備中で大いそがし」と書いた。その新しい店がついに開店した(Colorado州のDenver市内です)。
開店前夜、誇らしげに台の上に立って挨拶する彼の写真を見て、私は感慨無量になった。わが子のM中への登校1日目、彼が声をかけてきてくれた(本書p39〜40)ことから、わたしたちのアメリカ生活がスタートした。そう、すべてはあそこから始まったのだ・・・いやあほんとうに立派になりました。
親に連れられてメキシコからアメリカへ。英語とスペイン語のはざまで苦労したね。金銭的には決してゆたかな環境で育ったわけではない。でも愛情だけはとびきりたくさんある家庭だった(いまでもある)。何よりスペイン語(母語)をきちんと自分の物にすることができた。これこそまさに両親のおかげである。
本当に君は日本に暮らす外国につながる子どもたちの希望の星だよ!お金がなくても外国で心豊かに暮らすことはできるんだよね。


それにしても第1話ではブラウン系、今回はグリーン系。シャツとジャケットとネクタイのコーディネート、決まってるぜ!!あの頃、こんなにカラーセンスがよかったっけ?